自分の子供への初めてのプレゼント、それが名前です!

子供の名前は必ず受理されるの??

自分の子供につける名前。一生その子が使って生きていくものなので、誰もが悩みますよね。子供が産まれてから生後14日以内に出生届に名前を記入し、役所に届け出なければなりません。それではどんな名前でもよいのでしょうか?役所に届け出た際に、名前に使うことのできる常用漢字や人名用漢字を用いているかどうか、あまりにも非常識な名前をつけていないかなどをチェックされ、大丈夫な場合に受理されます。自分の子供への初めてのプレゼントにもなる名前、悩んだり迷ったりと大変ですが、わが子を思い、楽しく穏やかな気持ちで考えられるといいですね。

いろいろな名付け方法があります、その1

わが子にぴったりの素敵な名前を付けてあげたいけれども、どう考えていいかわからないという人も少なくないはずです。そこで、様々な名付け方法をご紹介したいと思います。まず一つ目は姓名判断による名付けです。名前の画数により、その子の運命が決まるというもので、信じるか信じないかは個人によります。今は気にしない人の方が多いようですが、自分の付けた名前があまりにも悪い結果だと、気になりますよね。姓名判断の本も多数出版されていたり、ネットでも簡単に検索することができるので、少しでも気になる人は見ておいてもよいでしょう。

いろいろな名付け方法があります、その2

その他によく用いられる方法としては、両親の名前と合わせて考える方法です。両親の漢字から1文字ずつ取る方法、両親が2人とも漢字1字の名前だから子供も1字にするなどの方法があります。名前につながりがあると、家族であるという感じがより強くなるかもしれませんね。その他には、両親の思い出の場所、曲、季節などからそれに合った名前をつける、兄弟がいるのであれば兄弟につながりを持たせるように名付けるなどの方法もあります。

姓名判断は、名前を見て運勢を占うことですが、主に子どもが生まれて名前を付ける時にすることが多いです。