車を買うときは、新車から?それとも中古車で?

車を買うときの気持ちは?

車を買うときは、少しでも新しい状態で入手したいのが正直な気持ちではないでしょうか。そのためには、新車で購入するに越したことはありませんね。とはいえ、諸経費を含めると100万円を超えてしまうことも少なくありません。そうなると、手持ちの資金では足りなくなって、自動車ローンのお世話になる可能性も出てきます。また、ローンの支払いによって生活費を圧迫されると、せっかく入手した車のために苦しむことにもなり、車を持つ喜びが半減するかもしれないのです。

新車とどこが違うの?

車を買うときは、新車で買う方法以外にも中古車で買う方法があります。そもそも、新車と中古車とはどこが違うのでしょうか。結論からいうと、最初に登録した車を自分が購入した場合は、「新車」になりますよね。また、既に登録されている車を自分名義に変更して購入する場合は、「中古車」になります。中古車といっても、登録から1年くらいしか経っていない車から、10年を優に超える車まで、実にさまざまです。また、中古車には、登録しただけで実際は使用されていない「未使用車」があり、「新古車」としても知られています。

中古車のほうがお得かも!?

このように考えると、車を購入するときは、「新車」よりも「中古車」で購入したほうがお得になる場合もあります。登録から年数が新しい車はもちろんですが、ある程度の年数が経っていても、前の持ち主がキレイに乗っている場合は、快適に乗れることが期待できますよね。さらに、「試乗車」として使われていた車を購入する方法があるのです。こちらは、お客様に車を購入してもらうための大切な役目を担っています。そのため、いろいろな装備が付いていることも多いのです。しかも、新車で購入する場合と比べると、かなり安く入手可能なのが大きな魅力だといわれています。

ボルボはスウェーデンで作られた外車です。ボルボの中古車の種類も数多く、アマゾンやクロスカントリーなどが有名です。